夏休みが終わりましたね


今年の関東の夏は涼しかったです。海もプールもいきた~い!とは思えませんでした。 海の家、プールで働く皆様ごめんなさい(/ω\)

さて、夏休みに我が家は2度旅をしました。

家族4人が動くと費用は結構かかります。 どこに重きを置くかによって、その費用のかけ方には選択肢が多数あります。 宿泊場所、食事、おみやげ、アミューズメント・・・。

中学生になった息子は、その辺への興味がでてきて 支払いの場では色々質問してきます。

今は仕事柄回答するのが楽しいですが、 FPになる前の私だったら、自分のお金の使い方に対して 基軸となる考え方を持っていなかったので

そんな場面で質問されたら「そういうことは、子供はいいの!」と言っていたでしょう。

金閣寺に立ち寄ったときのこと。

「鐘つき、1回200円 記念のハガキ付きです」

みなさんはどうお感じになりますか?

以前の私だったら、「さすが観光地、なんでも商売にしてるのね~」と、ナナメ目線で通り過ぎたかも。

今の私はどうしたか。子どもたちが「やろうよ」と言い始めたのがきっかけではありますが、

家族で1回突かせていただきました。

もちろん「いいよ」と一つ返事ではありません。「金閣寺を維持するのはお金がかかるんだね。拝観料やこういうことで、お庭がきれいに保てたり金閣寺を掃除したりできるんだね。」 と付け加えることは忘れません。

私の所属するキッズマネーステーションの講座ではおこづかいの考え方を学ぶものがあります。

「自分のため(ニーズかウォンツか)」「人のため」「貯金」3つに分けて考えます。

今回のお金はこの中でいうと「人のため」にあたるでしょうか。 こういった考え方を頭に入れて鐘撞をすれば、「人のために使う」という意味を感じられるでしょう。

旅先では、財布も緩みがち。

いいんです!緩んでも(*^-^*)

いい緩み ありがとうを感じる財布の緩みを 子どもたちに伝えていきましょう!

#おかね #買い物 #家計 #夏休み #金銭教育 #おでかけ #子ども #旅 #金閣寺

5回の閲覧

©Since 2016 by FP OFFICE :Happy money planning Yoko Komine

  • w-facebook